ウォーターサーバーの容器

一覧ページに戻る

ウォーターサーバーの容器

ウォーターサーバーの容器

ウォーターサーバーの水の容器は、大きく分けると3つのタイプがあります。
ワンウェイボトル、リターナブルボトル(ガロン)、ビニールパックというタイプなのですが、それぞれの特徴をご存じでしょうか。
ワンウェイボトルVSリターナブルボトル(ガロン)VSビニールパックを考え、自分にとって最適な容器を選んでいきましょう。

ワンウェイボトル

ワンウェイボトルは、水がなくなるとゴミとして家庭で廃棄することができます。
1回の使い切りタイプのワンウェイボトルは、ボトルを回収するという手間が省ける業者と、水の衛生面が気になる利用者の双方にとって、大きなメリットがあります。
ウォーターサーバーからの取り外しもスムーズで、ボトル自体も簡単に小さくつぶすことができるため、ゴミを出すまでの期間にも場所を選ぶ必要はありません。
そうした面から、ワンウェイボトルがウォーターサーバーの主流となってきています。

リターナブルボトル(ガロン)

従来のウォーターサーバーは、リターナブルボトル(ガロン)が多く使用されていました。
リターナブルとは、ボトルを再利用するという意味がありますので、使用したリターナブルボトル(ガロン)は、業者に返す必要があります。
また、環境問題を考えると、ゴミとして廃棄するのではなく、繰り返し使用できるリターナブルボトル(ガロン)ですと、エコにもつながります。
気になる衛生面もしっかりとした業者でしたら、1年に1回はメンテナンスを行ってくれますし、何と言ってもワンウェイ方式よりも価格が安いことが魅力です。

ビニールパック

ビニールパックは、ワンウェイボトルと同じく、ワンウェイ方式ですので、回収の手間がありません。
ワンウェイボトルとの大きな違いは、素材の柔らかさと使用後の扱いやすさです。
ガロンと比べると、ワンウェイボトルはつぶすことができるため場所を取りませんが、ペットボトルと同じ素材なので、力の弱い方ですとなかなか大変なこともあります。
その点、ビニールパックはビニールに水が入っている状態ですので、使用後はつぶすのではなく折りたたんでリサイクルに出すことができるのです。
ワンウェイ方式ですので、衛生面が気になる方でも安心して使用することができるでしょう。
素材の性質から、大容量ではなく少量になってしまうという点を踏まえて利用しましょう。

ランキング結果を見る

ページトップへ

ウォーターサーバー総合人気ランキング

ウォーターサーバー一覧

ウォーターサーバー情報

新着情報・トピックス