ウォーターサーバーと水比較ガイド.com ウォーターサーバー情報 ペットに与えても問題ないウォーターサーバーの水とは?

ペットに与えても問題ないウォーターサーバーの水とは?

一覧ページに戻る

Dollarphotoclub_67852064

家族の健康を守りたいと思うのはとても当たり前のこと。
そして時には、その家族の中にはペットも含まれるでしょう。

ウォーターサーバーの水は健康に良いと言われていますが、それは人間の話。
ペットに与えても良いかどうかは意外と言及されていません。

そこで、ウォーターサーバーの水をペットに与えても大丈夫かどうか、そしてその理由などについて解説します。

「軟水」ならペットに与えても大丈夫

ペットにウォーターサーバーの水を与える場合、その水が「軟水」なら問題ありません。

水は、含まれているミネラルの量に応じて「硬水」と「軟水」の2種類に分類されます。
ミネラルの量が120mg/Lを超えていれば「硬水」に、それ未満なら「軟水」となるのです。

ペットに与えて問題がないのはミネラルの量が少ない軟水となります。
そのため、軟水を使っているウォーターサーバーの水であればペットに与えることができます。

ちなみに、日本で飲まれている水のほとんどは軟水で、海外で飲まれている水の多くは硬水です。
軟水は味がとてもまろやかで刺激が少なく、お腹を壊しにくいとされています。

また、ウォーターサーバーに使用されている水の中には、硬水と軟水の他に「RO水」という水も存在します。

これはRO膜という極めて細やかなフィルターによって水の中の不純物をほぼ100%除去した非常に純粋な水です。
フィルターによってミネラルも取り除かれているため、ペットにこちらを与えたいと考える人もいるかもしれません。

しかし、RO水をペットに与えるのはあまり推奨できません。

RO水は不純物を除去した後に、栄養素や味の調整のためにミネラルを投入していることが多く、軟水よりもミネラルが多く含まれていることがあります。
さらに、一部のRO水は水道水を原料としており、不純物を除去した後も消毒用の塩素が残っている可能性があるのです。

もしもRO水を与えるのなら、原料の水とミネラル含有量を確認した上で、水道水を原料としておらずミネラルの少ないものを選ぶべきです。

なぜミネラルが多いとダメなのか

ペットに過剰なミネラルを与えると様々な病気を引き起こしてしまいますが、その中でもトップクラスに重篤なのが尿路結石。
これは尿路に石のような塊ができてしまう病気で、同じ症状が人間にも起こりうるものです。

この尿路結石はミネラル分のうちカルシウムやマグネシウムを摂取しすぎることで発症しやすくなります。
そして動物は人間よりもミネラルを消化する機能が弱いため、ミネラルを大量に含む硬水を飲ませていると尿路結石になってしまいがちなのです。

ウォーターサーバーの水を与えるコツ

軟水であれば問題なくウォーターサーバーの水をペットに与えられるのですが、しかし無遠慮に与えればミネラル以外の要素で健康を害してしまいます。

まず、ウォーターサーバーの水を汲み置きするのはやめましょう。
水の中で雑菌が繁殖してしまいます。

水道水であれば消毒用の塩素が含まれているため菌が繁殖しにくいのですが、ウォーターサーバーの水には塩素が含まれていません。

次に、あまり冷やしすぎた水をペットに与えないようにしましょう。
お腹や臓器を冷やすことで体調を崩し、下痢などになってしまう可能性があります。

幸いにしてウォーターサーバーには冷水だけでなく温水を出せたり、ものによっては常温の水を出せるものもあります。
そういった機能を利用して、ほどほどの温度に調整した水を与えましょう。

ランキング結果を見る

ページトップへ

ウォーターサーバー総合人気ランキング

ウォーターサーバー一覧

ウォーターサーバー情報

新着情報・トピックス