ミネラルウォーターの基礎知識

一覧ページに戻る

ミネラルウォーターの基礎知識

ミネラルウォーターの基礎知識

ミネラルウォーターと聞くと、ミネラルがたっぷり含まれた水としか思わない方もいらっしゃるかもしれませんが、そもそも水には硬水と軟水という種類があります。
硬水にはミネラル成分が多く含まれており、軟水にはミネラル成分が少ないのです。
これだけを見ると硬水の方が体によさそうなイメージもありますが、ミネラル成分が多ければ多いほど、実は飲みにくい水となるのです。
硬水となる水には、カルシウムとマグネシウムが多く含まれていますので、喉ごしが硬いような感じがします。
そのため、料理や赤ちゃんの粉ミルクには適していません。
ですが、ダイエットや美容のためには硬水の方がカルシウムやマグネシウムなどのミネラル成分を補給できるというメリットもあるのです。

ミネラルウォーターの種類

ミネラルウォーターは、ナチュラルウォーター・ナチュラルミネラルウォーター・ミネラルウォーター・ボトルドウォーターという4つの種類に分けられます。
ナチュラルウォーター・ナチュラルミネラルウォーターは、地下水をろ過・沈殿・加熱殺菌をしたもので、両者の違いは、ミネラルが溶け込んでいるかどうかです。
ミネラルウォーターは、ナチュラルミネラルウォーターを混ぜ合わせたりするなど、人工的にミネラルを調整した水です。
ボトルドウォーターは、そのいずれでもない水の事を指します。

その他の水

ウォーターサーバーで使用される水は、天然水のほかにRO水があります。
RO水は、RO膜処理を施した水です。
RO膜は逆浸透膜とも言い、0,0001ミクロンの超微細孔のフィルターです。
このフィルターで、不純物を除去して製造されるのがRO水となりますので、限りなく純水に近い水となります。
そのままではおいしさを感じることはできませんが、ウォーターサーバーで使用するRO水には、ミネラル分を添加してあるものも多いので、安全でおいしい水となっています。

また、バナジウムウォーターやアルカリイオン水などもありますので、お好みに合わせて選ぶことができるでしょう。

ランキング結果を見る

ページトップへ

ウォーターサーバー総合人気ランキング

ウォーターサーバー一覧

ウォーターサーバー情報

新着情報・トピックス