ウォーターサーバーと水比較ガイド.com ウォーターサーバー情報 世界は水不足!?海水を飲料水に変える技術が素晴らしい!

世界は水不足!?海水を飲料水に変える技術が素晴らしい!

一覧ページに戻る

kiji_0629

淡水化システムが世界を救う!?

世界中で水不足問題が取り上げられるようになった現代では、「海水や空気中の水分を淡水化する仕組み」が注目されています。

今回は世界における水の問題と、「海水を淡水化する技術」をご紹介しますので、ぜひ実情を把握してみてください。

世界にはどのぐらいの水があるのでしょうか?

世界中にある水は、98%が海水、2%が淡水です。

淡水の大部分は北極や南極などにある氷山となるため、「人間を含めた陸上生物が使える水は、全体の0.0.1%以下」とされています。

このようなデータを知ることで、「海水を淡水化する技術がいかに画期的か?」ということが実感できると思います。

世界の水問題のデータを見てみましょう!

地球上には約14立方キロメートルもの水が存在していますが、安全な飲料水を利用できる人は非常に少なく、12億人もの人々が「衛生設備の整っていない環境で生活し、満足な水が得られない」という状況に陥っているようです。

免疫力・体力ともに弱い子供に関しては、安全性の低い水の影響を受けやすいため、年間200万人もの幼子たちが「水に由来する病」で亡くなっているのです。

世界人口は2025年には80億人に達すると予想されるため、今後も水需要と水不足は加速し続けると言えるでしょう。

世界の水危機は深刻です!

中国を流れる黄河では、たくさんの川水を採水し過ぎたことによって、1年の半分以上の期間において「河口まで水が流れない」という状況が起こるようになりました。

その結果として、河川の水を使って運営されていた工場や公衆浴場の使用ができなくなり、黄河の水不足によって地域経済にも大きな影響が生じています。

またアラル海では近代農業の発展により湖の水量が激減し、結果として「塩分濃度が上がったことで、魚が全く採れなくなる」という問題が起きました。

この他にリオグランデ川やインダス川などの周辺国では、「水を巡っての紛争」が起こっているため、今後も「人口増による紛争は急増し続ける」と考えられています。

水不足が生じている原因は何なのでしょう?

世界中の産業規模が大きくなった現代では、農作物や工業製品を作るだけでも莫大な水が必要となっています。

特に食糧を生産する際の水消費量は「50年前の3倍」にまで膨らんでいるため、人間は食べる・生きるということをするだけで、たくさんの水が必要となっているのです。

水の消費量は「人口増加の2倍」の割合で高まっているとされているため、将来的な世界の水不足は更に深刻化していくと言えるでしょう。

水不足は食糧危機に直結します!

地下水が枯れ始めているインドやアメリカでは、「農業用水が得られない」という理由で、農地が激減するようになりました。

その結果として世界中の人が必要とする食糧も激減しているため、水不足による問題は「飲み水だけ」への影響に留まらないのです。

人口増加に伴いたくさんの食糧増産が必要となりますが、実情は「食糧増産によって水が不足し、水が枯渇した地域では食糧増産ができなくなる」という悪循環が生じ始めています。

日本も水不足という考え方もある!

たくさんの食糧を海外から輸入している日本は、「食糧生産による水を大量輸入している国」という見解もあるとされています。

この考え方は「バーチャルウォーター(仮想水)と呼ばれており、1990年代にロンドン大学のアラン教授によって提唱されました。

日本におけるバーチャルウォーターの輸入量は「年間649億立方メートル」とされているため、日本人が普通に生活を営むだけでたくさんの「世界各国にある水」を消費していることは明確だと言えるでしょう。

本題!海水を飲み水に変える技術とは?

マサチューセッツ工科大学とインドの企業による共同グループから発表されたのは、「太陽光パネルを使って海水の脱塩処理や殺菌処理を行い、環境に優しい手法で飲み水を作り出す技術」です。

太陽光を活用した淡水化システムは数年前に登場したアイディアとなりますが、マサチューセッツ工科大学では「低コストで飲み水を作ることができる」という点で、コンベンションで高評価を得ています。

淡水不足への懸念が増え続ける現代でも、前述のようなコストパフォーマンスの良い技術の登場によって、さまざまな危惧や問題の解消に繋がると言えるでしょう。

空気中の水分を飲み水に変える技術もある!

マサチューセッツ工科大学では「空気中の水分を集めて飲み水に変換する技術」の開発も行っており、前述の淡水化システムと同様に注目される存在となっています。

空気中の水分を使う際には「虫や異物を取り除く部分以外にコストがかからない」というメリットがあるため、淡水化システムと同様に期待できる技術と言えそうです。

まとめ

日本人にも無関係とは言えない水不足ですが、世界各国のさまざまな研究者が開発している技術によって、「生活用水の確保がしやすい状況になる」と言えそうです。

水不足はひとりひとりの努力によっても解消効果が得られますので、水の無駄遣いが減るウォーターサーバーなどを活用して節水にチャレンジしてみてください。

ランキング結果を見る

ページトップへ

ウォーターサーバー総合人気ランキング

ウォーターサーバー一覧

ウォーターサーバー情報

新着情報・トピックス