ウォーターサーバーと水比較ガイド.com ウォーターサーバー情報 和食は軟水!天然水を料理に活用する際のポイントとは?

和食は軟水!天然水を料理に活用する際のポイントとは?

一覧ページに戻る

kiji_0730

天然水の「硬度」を知って料理に活用しよう!

天然水の「硬度」の特徴を把握すると、美味しい料理が作れるようになります。

今回は「メニューや素材に合った天然水の選び方」をご紹介しますので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてください。

再確認!「硬度」って何?

ミネラルウォーターのペットボトルに書かれている「硬度」は、水に含まれるカルシウムイオンとマグネシウムイオンの基準値です。

カルシウムイオンとマグネシウムイオンの高い水は「硬水」と呼ばれ、ダイエットや健康維持に効果的な存在となっています。

これに対してミネラル分が低い水は「軟水」と呼ばれており、日本人にとって馴染み深い味わいとして人気の高い存在となっています。

WHO(世界保健機構)における飲料水のガイドラインでは、下記のように分類しています。

・軟水 0~60mg/L未満
・中程度の硬水 60以上~120mg/L未満
・硬水 120以上~180mg/L未満
・非常な硬水 180mg/L以上

ミネラルウォーターの分類は世界各国で異なる傾向がありますが、「水には「硬度」という分類がある」ということを覚えておくだけでも、自分に合った商品を見つけやすくなると言えるでしょう。

日本の食文化は「軟水」によって発展したって本当ですか?

日本に古くから伝わる「和食」は、軟水をふんだんに使って「素材の味わいを活かす」という手法の料理です。

料理をする際にたくさんの水を使うのは、「美味しい軟水が豊富な日本だから実現できる贅沢」とも言えますので、フレッシュな水や野菜を使った和食を堪能してみてください。

また日本で茶道が発達したのも、緑茶や抹茶との相性が良い軟水の影響だと言われています。

和食は「軟水」で作りましょう!

和食を作る際には、硬度50以下の軟水を使ってください。

日本食に欠かせないだし汁は、軟水で取った方が美味しく仕上がります。

硬水でだし汁を取ろうとすると、鰹節や昆布から出るイノシン酸やグルタミン酸とミネラルが結合してしまいますので、「どんなに頑張ってもだしが濁ってしまう」という状態になるようです。

軟水は「食材の旨み成分を抽出できる」という特徴がありますので、ぜひ天然水選びをする際の参考にしてみてください。

炊飯も「軟水」で!

和食との相性の良い「白米」を焚く時には、軟水を使ってください。

軟水を使ってとがれたお米は、ふっくらモチモチの炊き上がりになります。

また白米の炊飯用の水にも軟水が適していますので、ウォーターサーバーの天然水を使って「米とぎと炊飯を行う」と覚えておくと良いでしょう。

ピラフやチャーハン、パエリアなどの「外国のお米料理」を作る時には、硬水を使った炊飯がおすすめです。

硬水に含まれるカルシウムは、お米を上手にコーティングしてくれるため、炒飯やパエリアに適した「パラパラとした仕上がり」になります。

肉料理は「硬水と軟水の使い分け」がポイント!

肉料理を行う際には、「肉を柔らかくする時には軟水、肉の旨みを追求する時には中硬水」を使うようにしてください。

「肉の旨みをどうするか?」によって変わってくる天然水選びですが、あまりにも高い硬度の水を使ってしまうと、「煮込んだ肉がカチカチに硬くなる」という現象が起こりますので注意が必要です。

野菜の調理も「使い分け」が必要です!

肉じゃがのように「野菜を柔らかく煮込みたい」という時には、素材への水分浸透が良い軟水を使ってください。

これに対して「煮崩れをさせたくない料理」の場合は、硬水が適していますので、メニューの完成イメージに応じた天然水選びが必要であると言えるでしょう。

コーヒーやお茶にも適した硬度がある!

先ほど少しお話したように、お茶を淹れる際には「硬度50前後の軟水」が適しています。

硬水でお茶を淹れてしまうと、緑茶特有の甘味や渋みの成分が沈殿してしまいますので、注意が必要です。

またあまりにも硬度の低い軟水を使ってしまうと、「緑茶の良さ」とも言える香りが立たなくなりますので、茶葉だけでなく天然水選びにもこだわるべきと言えるでしょう。

コーヒーの抽出時は、「好みに合わせて天然水を選ぶ」という形になります。

まろやかなコーヒーが好きな人には、苦みに繋がるカフェインやタンニンを抑えてくれる「硬水」の活用がおすすめです。

コーヒー本来の味を「ありのままで」楽しみたい人には、「軟水」が効果的となりますので、豆と併せて天然水も選んでみてください。

まとめ

料理に合った天然水選びを行うと、素材の良さを上手に活かしたメニューが完成します。

また煮物や汁物、炊飯などでたくさんの水を使う日本の家庭には、ウォーターサーバーの活用がおすすめとなりますので、自分の味覚に合った水を愛用してみてください。

ランキング結果を見る

ページトップへ

ウォーターサーバー総合人気ランキング

ウォーターサーバー一覧

ウォーターサーバー情報

新着情報・トピックス