ウォーターサーバー比較ガイド ウォーターサーバー情報 子供の体と水の関係を知って脱水症状を予防しよう!

子供の体と水の関係を知って脱水症状を予防しよう!

一覧ページに戻る

kiji_0615

子供と水の関係について知っておきましょう!

子供と水の関係を知っておくと、水分補給のタイミングや方法を検討しやすくなります。

今回は、子供の起こりがちな脱水症状について詳しく解説しますので、ぜひ子育ての参考にしてみてください。

乳幼児は自分で水分補給ができない

生まれたばかりの赤ちゃんは、自分で水分補給を行うことができません。

少し成長した幼児であっても、「自分の脱水症状に気付かない」というケースも非常に多いため、お母さんが水分補給の管理をしてあげる必要があるのです。

子供の脱水症状を放置しておくと、熱中症などの原因にも繋がりますので、「乳幼児は水分不足の自己申告ができない」ということを覚えておいてください。

再確認!脱水症状にはどんな種類がありますか?

まずは、「脱水症状の種類」について確認しておきましょう。

自ら水分補給ができない赤ちゃんに起こりがちなのは、「高張性脱水」という症状です。

体内の水分減少で生じる高張性脱水は、「電解質よりも水分の方が足りなくなっている」という特徴があります。

これに対して大人の場合は、「水分よりも電解質の方が不足している」という低張性脱水が起こりやすい特徴がありますので、「各世代によって生じる脱水症状が異なること」を覚えておくべきと言えるでしょう。

また下痢や嘔吐によって「電解質と水分両方が不足した場合」は、等張性脱水によって立ちくらみやめまい、頻脈などが起こります。

下痢の多い赤ちゃんは等張性脱水を起こすこともありますので、「体調によって脱水症状の種類が変わること」も覚えておいてください。

脱水症状の赤ちゃんはどんな「サイン」を出しますか?

脱水症状に陥った赤ちゃんは、下記のサインを出すことが多いとされています。

・食欲低下
・仮眠
・皮膚の乾燥
・皮膚の弾力不足
・便秘
・尿量の減少
・尿の色が濃い
・泣いているのに涙の量が極端に少ない
・よだれの量が少ない
・口が乾いている
・発熱しているのに汗をかかない
・機嫌が悪い

子供と大人は体内の水分量が違います

赤ちゃんや子供の「身体に占める水分量」は、なんと70~80%という高割合となっています。

成人の約60%と比較すれば、「子供における水分量の重要性」も理解できると言えるでしょう。

また子供は喪失の激しい「細胞外液の割合」が非常に高いため、「大人よりも細胞内の水分を失いやすい特徴」があるのです。

子供は体が非常に小さいため、「水分補給も大人の半分以下で良いのではないか?」というイメージを抱く人もいるようですが、実際は「大人の何倍も水分を必要とする世代」であると言えるのです。

子供の水分代謝は特殊です

子供は、呼気や皮膚などから知らないうちに水分が蒸散する「不感排泄」が非常に高いことで知られています。

不感排泄は「発汗以外」で測定される水分蒸散量となりますので、適温の環境で寝ているだけでも、「赤ちゃんの体内からたくさんの水分が喪失している」と言えるのです。

また「身体の2分の1の水分が、たった1日で入れ替わる」という乳幼児は、下痢や嘔吐、食欲不振などによっても、簡単に脱水症状に陥る特性を持っています。

内臓機能が発達していない

内臓機能が発達していない乳幼児は、脱水症状の原因に繋がる下痢や嘔吐を起こしやすい特徴があります。

これは「赤ちゃんには水道水が適さない」と言われる理由とも関係しており、水道水に含まれる塩素が胃や腸の粘膜を荒らし、結果的に身体の不調を起こすことがあるとされています。

また赤ちゃんは、腎臓の未発達によって「水分や電解質が失われやすい」と言えますので、大人と同じ生活をしていても脱水症状に陥りやすくなるのです。

赤ちゃんの健康維持には「水分補給」が重要視されますが、内臓機能が弱いという状況を考慮すると、ウォーターサーバーなどに入っている「安全性の高い水」を与えた方が良いと言えるでしょう。

水道水を長期的に与えることで「アレルギー疾患が生じることもある」という研究報告もありますので、赤ちゃんの健康を考えるのであれば、早い時期にウォーターサーバーの導入を検討することが理想的だと言えます。

子供に適した脱水症状対策とは?

赤ちゃんの脱水症状が「電解質と水分の減少によって起こる」と考えれば、体内のイオンバランスを整えられる飲料を与えることが理想的だと言えそうです。

大人用のイオン飲料は少し濃すぎるため、2倍以上に薄めてから与えるようにしてください。

イオン飲料がない時には、「塩をひとつまみ加えた白湯」や、「水1リットルに対して、砂糖40gと塩3gを加えた経口補水液」がおすすめです。

赤ちゃんに起こりがちな高張性脱水の場合は、「水だけでもOK」と言えますので、ミネラルウォーターなどを上手に活用してみてください。

まとめ

体内の70~80%を水分で占める赤ちゃんは、水によって元気になったり、体調が悪くなったりする繊細な存在と言えそうです。

猛暑の夏は水分補給が必要不可欠となりますので、便利なウォーターサーバーを使って、ママと一緒に美味しい水を飲む習慣をつけるようにしてください。

ランキング結果を見る

ページトップへ

ウォーターサーバー総合人気ランキング

ウォーターサーバー一覧

ウォーターサーバー情報

新着情報・トピックス