ウォーターサーバーと水比較ガイド.com ウォーターサーバー情報 富士山の天然水にはバナジウムが含まれている

富士山の天然水にはバナジウムが含まれている

一覧ページに戻る

fuji6

富士山の天然水について

ウォーターサーバーに入れる水には色々な種類の水がありますが、富士山の天然水を入れることもあります。
富士山の天然水はバナジウム天然水とも呼ばれており、バナジウムが豊富に含まれているのが特徴です。
バナジウムによって血糖値を下げる効果が期待できますので、糖尿病を患っている人や糖尿病にならないように気を付けている人などにも飲まれています。

また富士山には玄武岩という珍しい地層があり、この玄武岩などによって雪や雨が浸透して濾過され、長い年月をかけてバナジウムを含んで天然水となるのです。
しかし富士山でも場所によって水質が異なり、採水する場所によっては含まれている成分が違ってくるのです。

そして富士山の天然水の味は、優しくてほのかな甘みを感じることができますし、舌の上でまるみを感じながら飲むこともでます。
ウォーターサーバーで冷水にして飲んでも美味しいのですが、常温でも問題なく飲むことができるのです。
このような富士山の天然水は、ウォーターサーバーに入れて飲んでも良いですし、料理に使用しても満足できるでしょう。

富士山の天然水に含まれているバナジウムについて

富士山の天然水に多く含まれているバナジウムは、血圧やコレステロール値を下げる効果や動脈硬化の予防、それに血液中の尿酸を減少させて、痛風を予防することもできるのです。
糖尿病の予防やデトックス効果も期待できるため、様々な悩みを抱えている人に良いと言われているミネラルなのです。

こうしたバナジウムには副作用が表れることもあります。
胃腸系の機能障害や皮膚疾患ですが、バナジウムを1日に1.8mg摂取することで表れると言われています。

これは成人男性の1日摂取許容量ですが、個人差がありますので、1.8mgまでに抑えておけば良いでしょう。
摂取許容量を知ってもピンとこない人が多いと思いますが、富士山の天然水を15リットルくらい飲むと1.8mgくらいになってしまいますので気を付けておきましょう。

ランキング結果を見る

ページトップへ

ウォーターサーバー総合人気ランキング

ウォーターサーバー一覧

ウォーターサーバー情報

新着情報・トピックス