ウォーターサーバー比較ガイド ウォーターサーバー情報 正しい水の飲み方を知って熱中症や夏バテを予防しよう!

正しい水の飲み方を知って熱中症や夏バテを予防しよう!

一覧ページに戻る

kiji_0629

「水の飲み方」にもルールがある!

水にも、健康や美容に好循環をもたらす「飲み方のルール」があるとされています。

今回は注意すべきポイントを8つご紹介していきますので、ぜひ毎日の生活に取り入れてみてください。

水にも1日の摂取量がある!

体を健康に保つ上で必要な水の摂取量は、「1日1.5リットル~2リットル」とされています。

人間は汗や排便、皮膚などから1日2.3リットル前後の水分を失いますが、食事からも水分摂取ができるため、飲料水から摂るべき量は「1.5~2リットル前後」となるのです。

特に真夏は汗などによって脱水症状が起こりやすい時期となりますので、この目安量を頭に入れて小まめに水分補給を行うようにしてください。

一気に水を飲み過ぎると「水中毒」になることもある!

水を摂取する際には、「コップ1杯の水を1日8回程度に分けて飲むこと」が理想となります。

中には「1回で1.5リットルの水を一気飲みしよう!」と試みる方もいるようですが、短時間の大量摂取は「水中毒」を起こす危険性があるため注意が必要です。

人間の腎臓が水を処理するスピードは、「毎分16ml」という上限があるため、これ以上の水分が一気に体内に入ってくると「腎臓の処理能力オーバー」になった結果として、水中毒が起こるのです。

水中毒の症状は下記となりますので、大量の水分補給をした後に不調を感じた時には、「水を飲むことを止めて、病院に行く」という対処を行うようにしてください。

《水中毒の症状》
・軽度の疲労感
・吐き気
・頭痛
・注意力散漫
・イライラ
・痙攣
・昏睡

体に良い水の温度は?

体に負担をかけない水の温度は「常温」です。

特に胃腸の弱い人には「冷たすぎる水」が負担になることもありますので、自動販売機などで買ったミネラルウォーターであっても、「しばらく置いて常温に戻してから飲むこと」が理想と言えるでしょう。

また水には「体温の上昇を下げる作用」もあるため、猛暑日の熱中症対策には「冷たい水を飲むこと」も良い作用をもたらします。

この他に冷水には「交感神経の働きを活性化する作用」もありますので、集中力が落ちた時に冷たい水を飲むことも、仕事や勉強の効率アップに繋がると言えそうです。

基本的には「常温が良い」とされている水ですが、自分の求める目的に応じて「多少の温度を変えること」も有効性が高い活用法となります。

朝起きたら1杯、寝る前に1杯!

人間は就寝中にペットボトル1本分(500ml前後)の汗をかくため、「就寝前に1杯、朝起きたら1杯の水」を飲む習慣を付けるようにしてください。

「起床時の1杯」は眠っていた内臓や神経を活性化する作用がありますので、1日元気に過ごすためにも、「水を飲んで体を目覚めさせる習慣」を付けることが理想と言えそうです。

また起床のタイミングで水を飲んでいる人は便通が良くなるメリットもありますので、便秘解消目的のために「朝の1杯」を活用してみても良いでしょう。

水を飲むべきタイミングは他にもたくさんある!

スポーツをすると大量の汗をかくため、「運動の前に1杯、運動が終わったら1杯」の水を飲む習慣をつけてください。

スポーツ後は汗と共に体内のミネラルも不足する傾向がありますので、硬度の高いミネラルウォーターやスポーツドリンクなどの活用もおすすめです。

また入浴や半身浴をした後もたくさんの水分が奪われますので、「バスルームにペットボトルを持ち込んで、水を飲みながらお風呂に入る」という方法も非常に良いと言えるでしょう。

人間の体は「体重の約2%の水分」が失われただけで、喉の渇きを感じるメカニズムとなっています。

口や喉が渇いた時は「既に脱水症状が始まっている状態」となりますので、熱中症などを防ぐためにも早めに水分補給を行うようにしてください。

カフェインやお酒と一緒にコップ1杯の水!

コーヒーや緑茶などのカフェイン飲料や、ビールなどのアルコールには利尿作用があるため、「たくさんの水分が体から奪われる状態」となります。

中にはビールの多飲によって脱水症状を起こす人も多いため、「カフェインやお酒を飲む時には、コップ1杯の水を飲む習慣」を付けるようにしてください。

お酒と一緒に水を飲む人は二日酔いになりにくい傾向がありますので、翌日も元気に活動したい皆さんにもおすすめの水分補給タイミングです。

まとめ

「水の飲み方」には意外なルールがあり、そのポイントを守ることで健康効果が高まると言えそうです。

水を使った健康法やダイエット法は芸能人やモデルも実践していますので、非常に便利なウォーターサーバーなどを活用して「正しい水飲み」を行ってみてください。

ランキング結果を見る

ページトップへ

ウォーターサーバー総合人気ランキング

ウォーターサーバー一覧

ウォーターサーバー情報

新着情報・トピックス