水ボトル使い捨ては便利です

一覧ページに戻る

kiji_0116

ウォーターサーバーの水ボトル使い捨てについて

一般家庭でもたくさん利用されているウォーターサーバーですが、サーバー内のタンクに補給する水ボトルが空になったら交換しなければいけません。
交換するときは業者が行ってくれることもありますが、家庭内のウォーターサーバーの水ボトルは自分で交換している人が多いようです。
水ボトルは業者が家に宅配してくれますので、家の中での交換は利用者となるケースが多いのです。

水ボトルを交換した後に残る空の水ボトルは、従来は業者が次に水ボトルを持ってくるときに回収していましたので、それまでは家の中で保管する必要がありました。
最近では水ボトル使い捨てになっていることがほとんどですので、小さく潰してゴミの日に出しているのです。
水ボトル使い捨てになっているタイプをワンウェイ方式と言いますが、とても柔らかい素材で作られていますので、誰でも簡単に折りたたんで捨てることができます。

水ボトルを再利用するタイプをツーウェイ方式やリターナブル方式と言い、業者が再利用するために持ち帰ってくれますが、空になった状態で保管しておかなければいけません。
だからワンウェイ方式が主流になっているのです。
ウォーターサーバーを利用しようか考えている人は、部屋の保管スペースのことも考えて選択すると良いでしょう。

ウォーターサーバーに搭載されている機能とは?

ウォーターサーバーは利用者が扱いやすいように様々な便利機能が搭載されています。
小さなお子様が誤ってお湯をだしてしまい、火傷を起こさないようにチャイルドロックが付いています。
ウォーターサーバーによっては冷水にもチャイルドロックが付いています。

無菌エアシステムという機能は、水ボトルの中に外部の空気が入り込まないようにする機能で、水ボトル内の鮮度を保つ役割があるのです。
温水と冷水機能はウォーターサーバーに必ず付いている機能ですが、温水は約80度から90度に設定されており、冷水は約5度くらいに設定されています。

ランキング結果を見る

ページトップへ

ウォーターサーバー総合人気ランキング

ウォーターサーバー一覧

ウォーターサーバー情報

新着情報・トピックス