ウォーターサーバーと水比較ガイド.com ウォーターサーバー情報 浄水器とウォーターサーバーの違いを知ろう

浄水器とウォーターサーバーの違いを知ろう

一覧ページに戻る

chigai6

浄水器とウォーターサーバーの違いとは?

浄水器は水道水に含まれている塩素やトリハロメタンなどの有害物質を濾過したり除去してくれる機器です。
この浄水器の高性能機器になりますと、有害物質を除去しながら天然水やミネラルウォーターなどに近い水を作りだしてくれます。
それに雑菌を除去して安全な水を作りだすことができるのですが、設置に掛かる費用が高くなりますしフィルター交換でも高い費用が掛かりますので、コストパフォーマンスは良くないと言えるでしょう。

ウォーターサーバーは浄水器と違って、ミネラルウォーターや天然水などの安全性が高い水を飲むことができます。
またウォーターサーバーを取り扱ってくれるメーカーがメンテナンスを行ってくれますので、コストパフォーマンスは良いと言えるのです。
設置スペースでは浄水器のほうが良いのですが、小さい卓上型のウォーターサーバーを使用すれば、あまり設置スペースを取らないので浄水器と同じくらいの良さがあります。

浄水器とウォーターサーバーの違いには初期費用に関わる違いもあり、浄水器は初期費用が高くなりますが、ウォーターサーバーはレンタル費用が安いので、初期費用があまり掛かりません。
ウォーターサーバーに入れる天然水やミネラルウォーターは、最近は安く売られていますので、水代が掛からない浄水器と比べても、あまり費用に変わりはないのです。
浄水器とウォーターサーバーの違いを知れば、どちらにしようか迷っている人でもウォーターサーバーを選ぶのではないでしょうか。

ウォーターサーバーは浄水器より便利

浄水器は水しか使用できませんが、ウォーターサーバーは天然水やミネラルウォーターだけではなく、お湯も出てきますので、飲み物を簡単に作れるので便利でしょう。
また浄水器はキッチンの洗い場あたりに置くことが多いのですが、ウォーターサーバーはコンセントがあれば何処にでも置けますし、簡単に移動させることができるので便利でしょう。

ランキング結果を見る

ページトップへ

ウォーターサーバー総合人気ランキング

ウォーターサーバー一覧

ウォーターサーバー情報

新着情報・トピックス