ウォーターサーバー比較ガイド ウォーターサーバー情報 熱中症になりやすい!?犬の暑さ対策を徹底解説!

熱中症になりやすい!?犬の暑さ対策を徹底解説!

一覧ページに戻る

kiji_0629

犬の特性を知って暑さ対策をしましょう!

真夏の猛暑は、人間だけでなく犬にとっても非常に厳しい季節となります。

今回は人間同様に熱中症になるとされている「犬の特性や暑さ対策」について詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

犬は熱中症になりやすい!?

人間よりも遥かに小さな犬は、熱中症になりやすい存在です。

近年の研究によると「気温22℃、湿度60%以上で熱中症になる」とされているため、飼い主以上の暑さ対策が必要となります。

また犬の多くは体温が41度を超えると命を落としてしまう危険性もあるため、体温管理も含めてしっかりお世話をしてあげるべきと言えるでしょう。

犬が熱中症になる環境とは?

犬が熱中症になる環境は、意外とたくさんあるようです。

《閉め切った室内》
気密性の高い住宅は室温が急上昇しやすい環境となっているため、犬単独での留守番をさせる際には、エアコンをかけて外出するようにしてください。

ゲージの中で犬を飼っている場合は、「直射日光に当たらない場所に移動すること」も、犬の熱中症予防に大事な対策です。

《車内》
車内の温度はエンジンを停止しただけで急上昇するため、たった数分で熱中症を起こす環境となってしまいます。

車の中は換気が難しいという特徴もあるため、「窓を開けていればOK」と安心せず、愛犬も一緒に外に連れていくようにしてください。

《暑い時間帯の散歩》
猛暑日のアスファルトの上は50℃前後に達することもあるため、犬の肉球が火傷するのを防ぐためにも、なるべく日中の散歩は控えた方が良いと言えるでしょう。

また犬は「照り返しの強い地面近くを歩く」ため、人間以上に暑さの影響を受けやすくなっています。

《直射日光が当たる場所に犬小屋がある》
犬小屋に直射日光が当たっている場合は、風通しの良い場所に移動をしてあげてください。

犬小屋を移動する場所がない場合は、「夏場だけでも室内で飼うこと」を検討した方が良いでしょう。

犬の熱中症はどんな症状?

犬の熱中症症状は、下記のとおりです。
・ぐったりする
・口を開けて、息苦しそうに呼吸をする
・目が真っ赤に充血する
・ヨダレをたらす
・舌の色が赤黒くなる
・呼んだ時の反応が鈍い
・フラフラする
・倒れる
・嘔吐や下痢を起こす

熱中症が酷くなると、筋肉の震えや湿疹、尿漏れ、吐血などを起こすこともあるようです。

暑さに良い犬種とは?

フレンチブル、バグ、シーズー、ペキニーズなどの「口吻(マズル)」が短い犬種は、熱の発散効率が低いため、熱中症になりやすい特徴があります。

これに対してマズルが長い犬種や、シベリアンハスキーやセントバーナードなどの北方犬種は、暑さに強い特徴があるようです。

また子犬や老犬、肥満、病気療養中の犬も熱中症になりやすい位置付けですので、人間の高齢者や子供と同じような側面もあると考えおくべきと言えるでしょう。

犬の暑さ対策に良い環境とは?

犬が快適に過ごせる環境は、「直射日光の当たらない、28度前後の室内」です。

エアコンが効き過ぎた部屋にいた犬を突然散歩に連れ出すと、寒暖差によって自律神経に不調が生じてしまいます。

犬と一緒に生活している人は、「人間の温度感覚」よりも「犬の感覚」を優先した方が良さそうです。

犬の健康を維持する水分補給とは?

犬の体に必要な水分は、下記の2式で求められます。

・132×体重(kg)×0.75乗
・体重(g)×0.05~0.07

人間における1日の水分摂取量は「1.5~2リットル」とされていますが、種類によって体重や体型が大きく異なる犬の場合は、「自分の飼っている犬に合った水分を与える必要がある」と言えるでしょう。

愛犬がなかなか水を飲んでくれない場合は、ご飯を食べる場所以外に、複数の水飲み場を設置する方法がおすすめです。

また多くの犬が好む「給水機」には、美味しく新鮮な水が飲めるという利点もありますので、愛犬の健康を守るためにも、ぜひ設置してみてください。

それでも愛犬の水分摂取量が増えない場合は、普段食べているドッグフードに水を浸み込ませるという方法もおすすめです。

犬におすすめの暑さ対策用品とは?

近年ではペットショップでも「犬の暑さ対策グッズ」が販売されるようになりました。

愛犬にひんやり感を与えられるアルミマットやジェルマット、大理石などは、冷房代の削減ができるというメリットのある商品です。

また人間用のクールバンダナやクールピローを愛犬に使っても、暑さ対策ができますので、仲良くシェアすることを考えて複数購入しても良いでしょう。

まとめ

非常にデリケートな犬の暑さ対策は、意外とたくさんの種類があると言えそうです。

犬種に合った対策はペットショップでも紹介していますので、店員さんに質問してみても良いでしょう。

また愛犬と一緒に美味しい水を飲む場合は、大きなボトルが定期配送されるウォーターサーバーを活用してみてください。

ランキング結果を見る

ページトップへ

ウォーターサーバー総合人気ランキング

ウォーターサーバー一覧

ウォーターサーバー情報

新着情報・トピックス