ウォーターサーバーと水比較ガイド.com ウォーターサーバー情報 目的・シーン別!水分補給の方法を徹底解説!

目的・シーン別!水分補給の方法を徹底解説!

一覧ページに戻る

kiji_0629

水分補給の方法はシーンや目的によって異なります!

メリットだらけとも言える水分補給は、シーンや目的によってポイントが異なるとされています。

今回は年代やシーン別の水分補給について詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

成人の日常生活における水分補給

成人の日常生活では、「1日1.5~2リットルの水を飲むこと」を目標にしてください。

1日の水分摂取量が1.5リットルを下回ると、血管の流れが悪くなり、心筋梗塞や脳梗塞の原因となる「ドロドロ血」になってしまいます。

また日常の水分補給には「疲労回復」や「集中力アップ」という作用もありますので、喉の渇きの起こらない涼しいオフィスで仕事をする皆さんにも、水を飲む習慣は必要と言えそうです。

なるべく水を飲んだ方が良いとされるタイミングは、起床時、運動前後、外出前後、入浴前後、就寝前となります。

食事中の水分補給は消化不良に繋がりますので、「食事の30分前に水分補給を終わらせておくこと」もポイントのひとつです。

赤ちゃんの水分補給

お母さん授乳が良いペースでできている場合は、赤ちゃんの水分補給に神経質になる必要はありません。

もし赤ちゃんの脱水症状が気になる時には、「乳幼児専用のイオン飲料」を購入して、外出時や入浴後の水分補給を行うと良いでしょう。

下痢や嘔吐を起こした時には水分不足となっていますので、スポイトやスプーン、哺乳瓶などにイオン飲料を入れて「少しずつ口に入れる」ことから始めてみてください。

高齢者の水分補給

高齢者の皆さんは体内のおける水分量が少ないため、「1日1~1.5リットルの水を飲むこと」が理想となります。

お年寄りの中には「日中のお茶飲みで水分補給をしている」という皆さんもいるようですが、緑茶には強い利尿作用があるため注意が必要です。

無味無臭の水をたくさん飲むことが難しい場合は、経口補水液などのイオン飲料を薄めて、効率よく水分補給を行うようにしてください。

スポーツ時の水分補給

スポーツを行う際は、「競技の30分前と、1時間あたり500~1000mlの水を飲みきること」を目安に水分補給を行うようにしてください。

水分の過剰摂取は「水中毒」の原因となるため、「10~15分おきに200mlずつ飲むこと」が理想となります。

また真夏はたくさんの発汗によって筋肉疲労や肉離れなどを起こしやすくなりますので、ナトリウムやカリウムなどを配合したスポーツドリンクの活用もおすすめです。

運動中の脱水症状は、競技者のパフォーマンス低下に繋がるとされています。

そのため適度な水分補給を行うことで、良いタイムやスコアが出やすくなりますので、面倒臭がらずに水を飲むことを心掛けるようにしてください。

運動前の水は基礎代謝を高める役割も担いますので、「スポーツで痩せたい!」と考えているダイエッターの皆さんにもおすすめの存在です。

入浴時の水分補給

バスタイムは、短時間の入浴で100ml、熱めのお湯に15分間の入浴で800mlもの汗をかく時間とされています。

短時間で大量の水分が排出されると、血管内に「ドロドロ血」が流れている状態となるため、注意が必要です。

バスルームでゆっくり半身浴や読書をしながら「たっぷり汗をかきたい」と感じている皆さんは、薄めのスポーツドリンクやミネラルウォーターを入れたペットボトルを持ち込み、「美容と健康のために水分補給を行うこと」を徹底してください。

入浴時間が短い場合は、「入浴前にコップ1杯、入浴後にコップ1杯」の水が、血液循環をスムーズにします。

ダイエット目的の水分補給

水ダイエットの方法は非常に簡単で、「1日1.5~2リットルの水を8回ぐらいに分けて飲むだけ」となります。

小まめに水分補給をすることで老廃物が排出されやすくなるため、便秘やドロドロ血の予防というメリットも得られる人気の高いダイエット法となっています。

またたくさんの水を飲み続けている女性は、大人ニキビなどの吹き出物もできにくくなりますので、美肌効果も得られるダイエット法と考えれば、一石二鳥と言えるでしょう。

水ダイエットをする際に気を付けるべきなのは、「食事中は絶対に水を飲まないこと」です。

食事中に水分補給すると胃液や消化酵素が薄くなるため、食べ物がきちんと消化されない状態に繋がります。

また食事中の水分は「血糖値の急激上昇」にも繋がりますので、食べた料理をきちんとエネルギー燃焼するためにも、「食事中は水を飲まないこと」を徹底するようにしてください。

まとめ

水分補給におけるポイントは年代やシーンによって異なるため、ネットなどを活用して「最適な方法」を確認しておくべきと言えそうです。

家族みんなで水分補給をする際には、体に優しい軟水の入ったウォーターサーバーを活用してみてください。

ランキング結果を見る

ページトップへ

ウォーターサーバー総合人気ランキング

ウォーターサーバー一覧

ウォーターサーバー情報

新着情報・トピックス