硬水とは何でしょう

一覧ページに戻る

nausui

硬水とは?

ウォーターサーバーが色々なところに設置されるようになりましたが、このウォーターサーバーには様々な種類の水を入れて飲むことができます。
水の種類の中には硬水という水があり、カルシウムとマグネシウムが大量に溶け込んでいます。
硬水を分類するには、その方法が国によって異なりますが、日本の水質ガイドラインにおいては、120mg/Lから180mg/Lまでが硬水で、180mg/L以上が非常な硬水とされているのです。

しかし日本の地下水や鉱水のほとんどが、硬度120mg/L未満になっているため、100mg/L以上を硬水に分類しています。
そして口当たりが固くてクセがあるのが硬水の特徴となっており、カルシウムやマグネシウムが多く含まれていればいる程、飲みごたえを感じるのです。
また硬水を料理で使用することで、肉には上手く溶け込んで良い出汁がとれるため肉料理に適しています。

硬水のメリットやデメリットとは?

硬水は便秘の解消やダイエットに効果的とされる水で、体を動かした後のミネラル補給に良いというメリットがあります。
料理ではパスタを茹でるときに使用することによってコシが強くなると言われています。

デメリットには泡立ちが悪いことや口当たりが悪いことなどが挙げられます。
ご飯を炊くときに使用するとパサつくこともありますし、ポットやヤカンに白い物が付着してしまうこともあるのです。

硬水の飲み過ぎには要注意

日本人は軟水によって育ってきたと言っていいほど、硬水には関わり合っていません。
だから1度に大量の硬水を飲むことによって調子が悪くなることもありますので要注意です。

適度な量にすることで腸内のぜん動運動を促進させ、頑固な便秘にも役立つことがあります。
しかし過剰摂取することによって腸内の水分が多くなり過ぎてしまい、下痢になってしまうこともあるのです。
特に非常な硬水を飲み過ぎることによって下痢が起こり、激しい腹痛になってしまう恐れもありますので、硬水の飲み過ぎには注意が必要なのです。

ランキング結果を見る

ページトップへ

ウォーターサーバー総合人気ランキング

ウォーターサーバー一覧

ウォーターサーバー情報

新着情報・トピックス