ウォーターサーバー比較ガイド ウォーターサーバー情報 腎臓とアクアポリンの関係を知って上手な水分補給を!

腎臓とアクアポリンの関係を知って上手な水分補給を!

一覧ページに戻る

kiji_06

腎臓とアクアポリンの働きを知って効率的な水分補給を!

水を活用した健康法やダイエットを行う際には、腎臓の働きに合った飲み方を取り入れることが、体に負担をかけない方法に繋がるとされています。

今回は、飲んだ水の処理を行ってくれる腎臓とアクアポリンの働きを解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

腎臓にはどんな働きがあるの?

「人の身体を正常に保つ臓器」と呼ばれる腎臓は、非常に幅広い働きによって、私達人間の身体を守ってくれています。

代表的な役割としては、老廃物の排出やイオンバランスの調整、血液の生成などがあり、定期的な水分補給を行うことによって、腎臓に好循環が生まれるのです。

逆にあまりにも水分摂取が多すぎると腎臓に負担をかけるケースもありますので、身体を安全な状態に保つためにも、水の飲み方には注意をしてください。

水を移動させるタンパク質!?アクアポリンって何?

1993年にアメリカで発見された「アクアポリン」は、1日約150リットルもの血液をろ過しながら、水の司令塔として活躍するタンパク質の一種です。

アクアポリンの機能が低下すると、腎臓における「水のろ過」ができなくなるため、水中毒症などを起こす結果に繋がります。

アクアポリンに負担をかけない水分補給を!

アクアポリンや腎臓に負担をかけないためには、「1日6~8回に分けて、こまめに水分補給を行う」ということが必要です。

喉の渇きを感じたタイミングで一気に水を飲んでしまうと、急激に血液に流れ込んだ水によって血管や腎臓に負担がかかるとされています。

この他に1日3リットル以上の水を飲むことで「水中毒」が生じるケースもありますので、「小まめにゆっくり上限2リットルの水を飲む」ということを心掛けてみてください。

水中毒の症状は非常に幅広く、浮腫みや頭痛、胃腸機能の低下、神経過敏などが挙げられます。

最悪の場合は嘔吐や痙攣を経て意識不明になることもありますので、アクアポリンの働きがオーバーフローしないためにも、少しずつ水を飲むようにしてください。

大量の水分補給によって「お腹からチャプチャプ水の音が聴こえる」という状態になっている時には、少し水飲みをお休みして腎臓の処理が終わるのを待った方が良いと言えるでしょう。

ランキング結果を見る

ページトップへ

ウォーターサーバー総合人気ランキング

ウォーターサーバー一覧

ウォーターサーバー情報

新着情報・トピックス