ウォーターサーバー比較ガイド ウォーターサーバー情報 「水割り」は日本独自の飲み方だった!?美味しい水割りガイド!

「水割り」は日本独自の飲み方だった!?美味しい水割りガイド!

一覧ページに戻る

kiji_06

日本人だけ!?ウイスキー水割りの歴史と背景とは?

外国人観光客が驚く「ウイスキーの水割り」は、美味しい水を大切にする日本の伝統によって発案された飲食文化のひとつです。

日本では「食事をしながらお酒を飲む」というスタイルが主流とされているため、極端に度数の高いアルコールが嫌厭されるという点も、水割りの人気に拍車をかけるきっかけとなっています。

国産メーカーのプロモーションも関係している!?

1970年代の日本にはバーやパブなどの欧米風の飲食店が存在しなかったため、国産ウイスキーメーカーは、小料理や寿司という赤提灯と一緒に楽しむ「晩酌市場」に参入する必要がありました。

そんな時に発案された「水割り」は、ウイスキーならではのクセとも言えるピート香を抑え、誰でも飲めるマイルドな味わいに仕上げることで、多くの人に愛される存在になったのです。

現在では普通にどこでも飲める水割りですが、当時はウイスキー会社の社運を賭けた一大プロジェクトということで、斬新なキャッチコピーやポスターなどによって、さまざまなところで宣伝が行われる形となりました。

水割りに適しているのは硬水?軟水?

水割りを作る時には、「仕込み水」に合った水を使ってウイスキーを割ってみてください。

硬度の高い水が湧き出る欧米では、硬度の高い水でウイスキーを作っているため、水割り用のミネラルウォーターを選ぶ際にも、「硬水」が適しています。

これに対して、硬度の低いまろやかな水で仕込んでいる国産ウイスキーを割る場合には、日本人が飲み慣れている「軟水」を選ぶと良いでしょう。

「仕込み水」はどうやって判断するの?

軟水で仕込まれたウイスキーは、とてもまろやかでストレートでも飲みやすい特徴があります。

これに対して硬水で仕込まれたアメリカやヨーロッパのウイスキーは、個性やインパクトの強い特徴がありますので、色々と飲み比べながら「水とウイスキー」について極めてみてください。

水割り初心者の皆さんには、お酒と水が喧嘩しない軟水の活用がおすすめです。

グラスにたっぷり氷を入れて、ウイスキー1:ミネラルウォーター2の割合でお酒を作ると、正統派の味わいに仕上がります。

グラスに水を注ぐ前にマドラーで混ぜると、味のバランスの良い水割りが完成です。

その他お役立ち情報を見るお役立ち情報を見る

ランキング結果を見る

ページトップへ

ウォーターサーバー総合人気ランキング

ウォーターサーバー一覧

ウォーターサーバー情報

新着情報・トピックス