ウォーターサーバー比較ガイド ウォーターサーバー情報 お酒で脱水症状!?熱中症の危険性がある人の特徴とは?

お酒で脱水症状!?熱中症の危険性がある人の特徴とは?

一覧ページに戻る

kiji_0730

熱中症の特性を知って上手に回避しましょう!

熱中症になりやすい人は、「高齢者と子供だけ」ではありません。

特定の生活習慣を続けている皆さんも、熱中症にかかりやすい傾向があるため、注意が必要です。

今回は「どんな人が熱中症になりやすいのか?」というポイントを中心に、傾向と対策をお話していきます。

熱中症には2つの種類がある!

熱中症は大きく分けて、「古典的熱中症」と「労作性熱中症」の2種類があります。

古典的熱中症は、外から入ってくる熱に負けてしまう特徴があり、体力的に弱い高齢者やお子さんがかかりやすい熱中症です。

これに対して労作性熱中症は、「体内で発する熱によって不調が生じる病気」であるため、健康かつ若い世代の皆さんでもかかりやすい特徴があるのです。

特に屋外でスポーツやレジャー、仕事などをしている人は、労作性熱中症にかかりやすい傾向がありますので、「自分は大丈夫」という過信をすることなく、きちんと水分補給や栄養補給を行うようにしてください。

ここでは「労作性熱中症にかかりやすい人」の特徴をご紹介していきますので、チェックリストのようなイメージで確認してみてください。

下痢気味の人

水分と体内のミネラルを一緒に排出してしまう下痢状態は、脱水症状による熱中症を起こす原因に繋がります。

排便と共にカリウムや塩分が排出されてしまうと、血液中のイオンバランスが崩れてしまうため、結果として体温調整などが上手くいかなくなるのです。

真夏の下痢は脱水症状に直結する危険な状態であると断言できますので、塩分とミネラルを含んだスポーツドリンクを活用しながら、効率良く水分補給を行うようにしてください。

都市部で生活をしている人

東京都内などの都市部で生活をしている人は、「ヒートアイランド現象」によって熱中症を起こしやすい傾向があります。

特に密集したビル群で仕事をしているビジネスマンは、「天気予報で表示されている気温よりも厳しい環境で活動している」と言えますので、自分の体力を過信せずに水分補給や休憩をすべきと言えそうです。

またビルが密集しているエリアは「夜間も気温が下がりにくい」という特徴がありますので、都心のマンションなどで生活している皆さんは、エアコンを上手に活用して熱帯夜対策を講じるようにしてください。

就寝中の人間は最低でも500ml以上の水分が蒸散するため、「水分補給をしてから寝る」というのも、大事な熱中症対策に繋がります。

お酒の付き合いが多い人

アルコールには体内の水分を排泄する「利尿作用」がありますので、お酒の付き合いの多い人は注意が必要です。

真夏の屋外でビールを何杯も飲んでいると、どんんなに健康な人でも簡単に脱水症状を起こしますので、必ず「お酒を口にしたら水を飲む習慣」を付けるべきと言えるでしょう。

また猛暑の中で行うバーベキューやキャンプは、「汗と尿によって大量の水分を失う難点が」ありますので、ビールばかりを飲み続けるのはなく、スポーツドリンクなどを併用することも大事な熱中症対策となります。

あまり汗をかかない人

暑い環境でも全く汗をかかない人は、汗腺の働きが鈍っている傾向があります。

メイク崩れなどを恐れる女性からすれば「汗をかかないのは良いこと」となるかもしれませんが、汗によって体温調整が行われないと、熱中症になりやすくなってしまうのです。

汗をスムーズにかくためには、汗腺の働きを活性化させる必要があります。

ウォーキングなどの運動や半身浴などを行っていると、お休みしていた汗腺が元気になっていきますので、外気温の下がった夕方以降に「汗腺を元気にするトレーニング」を行ってみてください。

暑い場所で汗をきちんとかける人は血行も非常に良い傾向がありますので、真夏に起こりやすい動脈硬化などの心配も少ないと言えそうです。

ストレスが多い人

ストレスを抱えている人は、過度な緊張によって呼吸が浅い傾向があるため、「呼気による熱の蒸散」が上手くできないようです。

また長期的なストレスが続くと、自律神経の乱れによって「慢性的な疲労や不調」も起こりやすくなりますので、元気な体で猛暑を乗り切ることが難しくなると言えるでしょう。

ストレスと熱中症は直接的な関係はありませんが、熱中症にならない健康な肉体を維持するには、適度な睡眠やリラックスした心も必要になると考えられています。

まとめ

熱中症は意外な生活習慣が原因になることもあるため、水分やミネラル補給を注意した暮らしをすることが、トラブル回避に繋がると言えそうです。

人間の体を健康に保つには、最低でも1日1.5~2リットルの水分補給が必要となりますので、手軽にフレッシュな水を飲めるウォーターサーバーなどを活用して猛暑の夏を乗り切ってみてください。

その他お役立ち情報を見るお役立ち情報を見る

ランキング結果を見る

ページトップへ

ウォーターサーバー総合人気ランキング

ウォーターサーバー一覧

ウォーターサーバー情報

新着情報・トピックス