ウォーターサーバー比較ガイド ウォーターサーバー情報 夏の水分補給!注意ポイントを一挙紹介!

夏の水分補給!注意ポイントを一挙紹介!

一覧ページに戻る

natu

夏は心筋梗塞や脳梗塞の多い季節です

たくさんの汗をかく真夏は、血液がドロドロになりやすく、心筋梗塞や脳梗塞の危険性が高いシーズンだと言われるようになりました。

そんな夏を健康に過ごすためには、定期的に水分補給を行い、体内が水分不足に陥らないようにすることが非常に大切です。

また水分は、体温や血液中の電解質バランスを整える効果もありますので、熱中症にならないためにも、きちんと摂取する必要があると言えるでしょう。

ここでは、夏における水分補給のポイントをご紹介していきますので、確実性の高い方法を実践してみてください。

真夏の水分補給ポイント①何を飲めば良いのか?

水分補給に最も理想的な飲料は、「水」です。

お茶やコーヒーは非常に飲みやすく、愛飲している皆さんも多いようですが、これらは利尿作用が非常に高いため、「水分摂取したのに脱水症状に陥った」というトラブルが生じることがあるのです。

また運動をする皆さんの間ではスポーツ飲料も人気となっていますが、あまりにも大量に飲むと糖分の摂り過ぎに繋がりますので、注意が必要と言われるようになりました。

このような話から総合しても、水を飲むことが理想的であるのは、明らかだと言えるでしょう。

たくさんのミネラルを含んだ硬水は、熱中症予防にも有効ですので、上手に取り入れるようにしてみてください。

真夏の水分補給ポイント②いつ飲めば良いのか?

人間は基本的に、1日1.5~2リットルを目標とした水分補給が必要だと言われています。

タイミングとしては、起床後のコップ1杯から始まり、6~8回に分けて「こまめに飲む」というのが、最適な方法と言われるようになりました。

稀に「喉が渇いた時に飲む」という方々もいるようですが、喉の渇きは体内の水分量が1~2%欠乏しているサインとなりますので、そのタイミングでは若干遅いと考えて良いでしょう。

猛暑の中で健康に過ごすには、喉の渇きが起こらないように、定期的に水分補給することが、大事なポイントとなってきます。

真夏の水分補給ポイント③水を飲めば熱中症にならないのか?

熱中症は大量の汗によって血液中の電解質バランスが崩れた時に生じますので、「水を飲んでいれば絶対に大丈夫」というわけではありません。

汗によって流れ出てしまう塩分の摂取も必要となりますので、梅干しや塩飴などとセットに水を飲むと万全と言えるでしょう。

スポーツドリンクにはナトリウムやカリウムなどの電解質がバランス良く配合されていますが、あまりに飲み過ぎると血糖値が急激にアップしますので注意が必要です。

2種類のボトルを用意できるのであれば、ミネラルウォーターとスポーツドリンクを併用すすのがおすすめです。

その他お役立ち情報を見るお役立ち情報を見る

ランキング結果を見る

ページトップへ

ウォーターサーバー総合人気ランキング

ウォーターサーバー一覧

ウォーターサーバー情報

新着情報・トピックス