ウォーターサーバー比較ガイド ウォーターサーバー情報 持ち運びができる水「Ooho!」の正体と作り方とは!?

持ち運びができる水「Ooho!」の正体と作り方とは!?

一覧ページに戻る

kiji_0615

水も持ち歩ける時代に!?話題の「Ooho!」を徹底解説!

スライムのような見た目の食べられる水「Ooho!」が、インターネット上で話題になっています。

今回は「Ooho!」の作り方を中心に、徹底解説していきます。

「Ooho!」が作られた背景について教えてください!

持ち運べる水「Ooho!」は、ロンドンで活躍する学生グループ(ピエール パスリエ (フランス)、ギーヨー クッシュ (フランス)、ロドリゴ ガルシア ゴンザレス (スペイン)、)によって開発されました。

斬新すぎる「Ooho!」は、世界の新鋭クリエイターが集結する「Lexus Design Award 2014」で入賞し、2015年の「Design to Improve Life」でも受賞の期待が高まっています。

「Ooho!」が開発された目的は、「プラスチック製の容器を減らすことはできないか?」という疑問によるものだったようです。

さまざまな場所でエコが話題になる今の時代には、廃棄プラスチックの約半数がペットボトルという問題が生じています。

ペットボトルのリサイクルにはたくさんの費用がかかる問題もあるため、「Ooho!」を作った学生グループの「ペットボトルを使わない水」というのは、非常に理にかなったことなのです。

「Ooho!」って一体何ですか?

Ooho!は、「薄い膜の中に水が入った球体物」です。

卵の黄身を覆っている膜に似た「オーガニック被膜」を使っており、被膜ごと口に入れれば「膜が破れて水が飲める」のです。

ペットボトルやタンブラー、水筒などの軽量化が図られている近年ですが、「膜で覆っているだけ」という「Ooho!」を使えば、簡単に水を持ち運べると言えそうです。

「Ooho!」を包んでいる膜について、もう少し教えてください!

「Ooho!」を包んでいるオーガニック被膜は、海藻と塩化カルシウムから生成できます。

自然由来のオーガニック被膜は、子供が食べても安全というメリットがありますので、ペットボトルの安全性に疑問を感じるお母さんでも活用しやすい存在と言えるでしょう。

またひとつあたりのコストは2円前後となりますので、「Ooho!」はデザイン、コスト、安全性の全てでバランスの整った存在と言えそうです。

「Ooho!」の作り方動画を見てみましょう!

普通の女性がキッチングッズで作っているということで、「意外と簡単に作れるんだ!」という感動の声が非常に多い動画となっています。

「Ooho!」の見た目もきちんと公開されていますので、まだイメージの掴めていない人は、ぜひチェックしてみてください。

本題!「Ooho!」を作る際には何を準備すれば良いですか?

・食用アルギン酸ナトリウム2g
・食用乳酸カルシウム1g
・ボウル①(水1カップを入れておく)
・ボウル②(水4カップを入れておく)
・ボウル③(洗浄に使う水を入れておく)
・ハンドミキサー
・穴開きお玉
・計量スプーン または お玉

「食用アルギン酸ナトリウム」と「食用乳酸カルシウム」は、インターネットの大手通販サイトでも取扱いがありますので、ぜひチェックしてみてください。

「Ooho!」の作り方とは?

【1】アルギン酸ナトリウム2gをボウル①に加えます
【2】ハンドミキサーを使って、1~2分かき混ぜます
【3】15分ほど放置することで、アルギン酸ナトリウムが全て溶けます

【4】乳酸カルシウムをボウル②に加えます
【5】ハンドミキサーを使って、1~2分かき混ぜます

【6】お玉を使って【3】をすくい、【5】の中に優しく入れてください
【7】3分ほど【6】をゆっくりかき混ぜます
【8】穴開きお玉を使って塊を取り出し、洗浄用のボウルで洗って完成です

子供の自由研究にも最適です!

「食用アルギン酸ナトリウム」と「食用乳酸カルシウム」は簡単に手に入るため、小学生の自由研究にも最適な存在です。

また市販の「人工イクラキット」でも代用可能となりますので、「水が入ったイクラ」を作るイメージでチャレンジしてみ良いでしょう。

簡単に材料を集めるには「人工イクラキット」がおすすめですが、「食用アルギン酸ナトリウム」と「食用乳酸カルシウム」を単品購入した方が、完成への確実性が高まると言えそうです。

「Ooho!」で水分を持ち歩くメリットとは?

【とにかく面白い!】

ポケットから「Ooho!」を登場させれば、友人知人をアッと言わせることができます。

「Ooho!」を口に入れれば、更に周囲の感心を集めることができますので、「とにかく注目されたい」という人は、ぜひ「Ooho!」を持ち歩いてみてください。

【ペットボトル資源が要らなくなる!】

開発理由のとおり、「Ooho!」が製品化されればペットボトルが要らなくなります。

柔軟性の高いOoho!は、「バッグに入りやすい」というメリットもありますので、荷物を減らしたいと考えるビジネスマンにも嬉しい存在になることでしょう。

まとめ

現在、発想やデザインで注目されている「Ooho!」ですが、実用化すれば更なる可能性が見えてくる存在と言えそうです。

今回ご紹介した方法を用いれば「お茶を入れた「Ooho!」」も作れますので、興味のある方はぜひチャレンジしてみてください。

その他お役立ち情報を見るお役立ち情報を見る

ランキング結果を見る

ページトップへ

ウォーターサーバー総合人気ランキング

ウォーターサーバー一覧

ウォーターサーバー情報

新着情報・トピックス