ウォーターサーバー比較ガイド ウォーターサーバー情報 水が血糖値上昇を防ぐ!?糖尿病と水の関係を徹底解説!

水が血糖値上昇を防ぐ!?糖尿病と水の関係を徹底解説!

一覧ページに戻る

kiji

水の活用で糖尿病予防に繋がる

糖尿病の治療や症状改善には、水を飲む習慣が非常に役立つとされています。

今回は、糖尿病における水分補給のメリットをご紹介しますので、ぜひ生活習慣の改善に活用してみてください。

水で満腹感を得る

糖尿病に悩む皆さんは、食事の30分前にコップ1杯の水を飲むことをおすすめします。

これは水ダイエットでも推奨されている方法で、コップ1杯の水が胃に入ることで胃液が薄まり、食欲がなくなるというメカニズムによるものです。

水がお腹に溜まり食事量も少なくなるため、過度なインスリン分泌が改善し、血糖値のコントロールもしやすくなるとされています。

あまりにもたくさん水を飲み過ぎると、浮腫みや水中毒という悪循環が起こってしまいますが、コップ1杯という適度な水は、糖尿病の皆さんに程良い満腹感を与えてくれる存在と位置付けて良いでしょう。

水で生活習慣病全般が改善する

水を飲む習慣を付けると次第に血液の流れがスムーズになるため、新陳代謝のアップやサラサラ血液というメリットも得られます。

生活習慣病の多くは併発の傾向が高い実情がありますが、脂肪だらけのドロドロ血から解放されれば、糖尿病や高血圧症、高脂血症なども改善もできるため、水を飲むことで身体に好循環が生まれ始めるのです。

ドロドロ血や肥満解消ができれば糖尿病のコントロールもしやすくなりますので、水ダイエットを兼ねて水分補給を続けてみると良いでしょう。

水+運動が良い

糖尿病に悩む皆さんは、血糖値の低下に繋がるウォーキングやランニングの前にコップ1杯の水を飲む習慣をつけてみてください。

脂肪燃焼や老廃物の排出を促す有酸素運動は、開始前に水を飲むことで、その作用を更に高めることができるのです。

また水を飲むことで真夏の熱中症や脱水症状を防ぐ役割も得られますので、「身体を守る」という意味でも水分補給が必要不可欠であることを頭に入れておくと良いでしょう。

まとめ

糖尿病によって生じる悪循環から逃れるには、1日1.5リットル以上の水分補給がおすすめです。

この方法は糖尿病予備軍の皆さんでも高い効果が期待できますので、健康診断の結果が思わしくない皆さんは、ぜひ早めにチャレンジしてみてください。

近年では、手軽に美味しく安全な水を飲むために、ウォーターサーバーを導入する企業や家庭も増えています。

その他お役立ち情報を見るお役立ち情報を見る

ランキング結果を見る

ページトップへ

ウォーターサーバー総合人気ランキング

ウォーターサーバー一覧

ウォーターサーバー情報

新着情報・トピックス