ウォーターサーバー比較ガイド ウォーターサーバー情報 水分補給を知らせてくれる!スマート水筒「HidrateMe」が凄い!

水分補給を知らせてくれる!スマート水筒「HidrateMe」が凄い!

一覧ページに戻る

kiji_0629

便利な水筒やアプリを使って効率の良い水分補給を!

スマートフォンなどのテクノロジーが発達した現代では、「人間の水分補給をサポートしてくれるアプリや水筒」が登場するようになりました。

今回はネットで話題になっている水筒「HidrateMe」を中心にさまざまなお話をしていきますので、水分補給の管理法を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

話題の水筒・HidrateMeとは?

さまざまなサイトで話題になっている「HidrateMe」は、水分補給をすべきタイミングでLEDランプが光るという水筒です。

HidrateMeを開発したナディアさんは、「必要な時に必要な量の水分補給をすべき」とうことで、人間の健康維持をサポートする商品として水筒の研究開発を始めました。

多忙な毎日を過ごす現代社会の人々は、「利尿作用の高いコーヒーやお茶を摂取するのに、健康に良い水を飲むタイミングを逃している傾向」が高いため、HidrateMeのような水筒を使って管理することは、健康効果に直結すると言えるでしょう。

会社のデスクにHidrateMeを置いておけば、「水分補給のタイミングで休憩もできる」というメリットも生まれますので、作業効率化という意味でも購入すべき存在と言えそうです。

プロトタイプでも大注目!

ナディアさん達が最初に開発したのは、「54時間内の必要なタイミングで水分補給ができる、Arduinoをぶら下げた「スマート水筒」」でした。

Googleが主催する「Startup Weekend」というハードウェアコンテストに出品されたスマート水筒は、画期的な技術ということで多くの人の注目を浴び、結果的に第三位を受賞することができたのです。

スマート水筒は「Arduinoをテープで巻きつけただけ」という簡易的なものでしたが、水分補給を忘れがちな皆さんに寄り添う発想の素晴らしさが評価され、第三位という結果に繋がったと言われています。

ナディアさんを中心とする開発チームは、「Startup Weekend」による自信によって自らの職を辞めて「HidrateMe」の制作を本格化するスタートアップを設立することになりました。

スマホで水分補給の管理もできる!

HidrateMeはスマートフォンアプリとの連動が可能となっており、年齢や体重などの基本情報を入力するだけで「自分に必要な水分補給のタイミングを知らせてくれる仕組み」となっています。

またスマートフォン側では「その日に必要な水分摂取量」も教えてくれますので、「自分が飲むべき水分量がわからない」という皆さんにも活用度の高い存在と言えるでしょう。

HidrateMeのお知らせに合わせて水分補給を行えば、「あとどのぐらい水を飲むべきなのか?」という部分も画面上に表示されますので、「水飲み初心者」の皆さんには特に活用度の高い存在と言えそうです。

HidrateMe の仕様を詳しく教えて!

HidrateMeの水筒本体は、710mlという大容量です。

漏れ防止キャップ付となっているため、バッグの中に入れて持ち歩くことも可能となっています。

バッテリー交換も自分でできる設計となっていますので、健康な体作りのパートナーとして長きに渡って活用しても良いでしょう。

カラーは5種類が用意されており、女性向けのピンクなども人気となっています。

1本10,390円のクラウドファンディング商品となっており、発売は「2016年2月以降」の予定です。

https://www.rakunew.com/items/70944

話題の水分補給アプリ① WaterMinder

Apple Storeから提供されている「WaterMinder」は、コップやペットボトルのボタンを押すだけで水分摂取量の入力ができる簡単アプリです。

水を飲んだ分だけ「自分の体が水分で満たされている表示」となるため、細かい数値管理が苦手な人でも簡単にチェック可能な仕組みとなっています。

最初に名前、体重、性別を入力する仕組みとなっていますので、「自分の体に合った水分量管理ができる」という意味でも、活用度の高い存在と言えるでしょう。

https://itunes.apple.com/jp/app/waterminder-shui-fen-bu-geinoo/id653031147?mt=8

話題の水分補給アプリ② Hydro

1日に摂取すべき水分量の提案をしてくれる、大変優秀なアプリです。

定期的な水分補給を促すリマインダー機能も搭載しているため、HidrateMeと同じような活用法も可能となります。

また活動記録からの統計機能なども備わっていますので、ダイエットや健康管理の一環としてこのアプリケーションを使ってみても良いでしょう。

https://itunes.apple.com/jp/app/hydro-shuiwo-yinmi-jian-kangwo/id809712513?mt=8&ign-mpt=uo%3D4

話題の水分補給アプリ③ water note

「water note」は、浄水器の開発をしている三菱レイヨン・クリンスイ株式会社で開発された「水」を見つめ直すためのアプリです。

水の摂取量に応じてキャラクターが成長するため、ゲーム感覚で水分補給ができる点が人気となっています。

またTwitterやFacebookとの連動も可能となっているため、同じアプリを仲間同士で津秋、水分摂取量をシェアする活用法もおすすめです。

https://itunes.apple.com/jp/app/water-note-shuinoto/id548552261?mt=8

まとめ

水分補給を促す水筒やアプリケーションは意外とたくさんあるため、自分のライフスタイルに合ったものを選ぶことで「水の飲み忘れ」が防げると言えそうです。

健康や美容、ダイエットに好循環をもたらすためにも、便利な水筒やアプリを使って水分補給を習慣化するようにしてください。

その他お役立ち情報を見るお役立ち情報を見る

ランキング結果を見る

ページトップへ

ウォーターサーバー総合人気ランキング

ウォーターサーバー一覧

ウォーターサーバー情報

新着情報・トピックス