ウォーターサーバー比較ガイド ウォーターサーバー情報 浸透力抜群!美味しい水が健康に良い!

浸透力抜群!美味しい水が健康に良い!

一覧ページに戻る

kiji_06

人間が「美味しい水」と感じる条件は?

美味しい水は身体への浸透力も非常に高く、ダイエットや健康に非常に良いとされています。

今回は人間が水を飲んだ時に「美味しい」と感じる基準について、さまざまな角度から解説していきます。

温度

美味しいと感じる水の温度は季節によって異なり、真夏で7~12度、真冬で15~18度が適温とされています。

ミネラルが豊富な硬水の場合は、更に冷たい方が喉越しも良くなるため、前述の水温よりも3度ぐらい落として飲んだ方が良さそうです。

炭酸水についても冷たい方が美味しいと感じることができますので、1年を通して7~12度ぐらいで摂取した方が良いと言えるでしょう。

硬度

日本人が美味しい感じる水の硬度は、10~100mg/lとされており、基本的に「軟水」と呼ばれるミネラルウォーターの購入がおすすめとなっています。

ダイエットや便秘解消に適した硬水は硬度が120mg/l以上となってしまいますので、軟水に慣れている日本人が美味しいと感じるには、少し時間がかかる内容と言えそうです。

残留塩素

カルキ臭を気にせずに飲める水道水のレベルは、残留塩素が0.4mg以下とされています。

これ以上の濃度になると水が不味く感じられてしまいますので、煮沸や日光に当てるなどの方法で、塩素を飛ばしてみてください。

1日に何度も煮沸をしている余裕のない人には、安全な水がパッキングされているウォーターサーバーの活用をおすすめします。

遊離炭酸

美味しいと感じられる炭酸水は、水に溶けている二酸化炭素が3mg~30mg/l以下とされています。

サッパリとした喉越しの炭酸水は、近年ダイエットや健康法に活用されるようになりましたが、あまりにも二酸化炭素が多いと胃や食道に負担をかけてしまうため、注意が必要です。

また炭酸水は、飲み過ぎによっても体調不良を起こしやすい飲料となりますので、体の調子が悪いときは、遊離炭酸の数値が低いものを選んだ方が良いと言えるでしょう。

まとめ

「美味しい」と感じる水の基準について、細かくご紹介しました。

硬度はミネラルウォーターのペットボトルにも記載されていますが、いちいちチェックするのが面倒という皆さんには、日本人の舌に合った軟水がパッキングされているウォーターサーバーの活用がおすすめです。

美味しい水をたくさん摂取して、健康や美容への効果を実感してみてください。

その他お役立ち情報を見るお役立ち情報を見る

ランキング結果を見る

ページトップへ

ウォーターサーバー総合人気ランキング

ウォーターサーバー一覧

ウォーターサーバー情報

新着情報・トピックス