ウォーターサーバー比較ガイド ウォーターサーバー情報 衝撃!水道水は意外と危険な存在だった!

衝撃!水道水は意外と危険な存在だった!

一覧ページに戻る

kiji_06

水道水にはたくさんの危険が含まれている!

日常生活の中で毎日飲む水は、なるべく水道水以外から摂取した方が良いと言われるようになりました。

今回は、水道水が危険だと言われる理由について詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

残留塩素が危険!

水に含まれた塩素は体内のビタミンや粘膜を破壊する強さがあるため、近年ではアトピー性皮膚炎やアレルギー性疾患の原因として注目されるようになりました。

日本の水道水は塩素によって殺菌が行われているため、全国のどこで飲んでも安定した品質が保たれていますが、残留塩素という成分が身体を少しずつ蝕んでいることを覚えておいた方が良さそうです。

多くの残留塩素を含んだ水の中では、発ガン性物質のトリハロメタンが発生しています。

身体に入ったトリハロメタンは、肝臓や腎臓、神経などにダメージを与えるため、原因不明の体調不良の原因が水道水だったというケースも多発しているようです。

また、なかなか取れない疲労やイライラ、集中力低下の原因が水道水のトリハロメタンというケースも多いため、病院に行っても改善しない不調がある場合は、ミネラルウォーターやウォーターサーバーの検討をした方が良いと言えるでしょう。

鉛も危険!

日本の住宅の4件に1件は鉛の水道管を使っており、そこから溶け出す「鉛」が身体に蓄積することで健康被害が生じるケースが増えています。

鉛は一度体内に入ると排出されにくい特徴があるため、カルキのように水分を蒸散されるなどの対策がありません。

基本的には「水道水を飲まない」という策しか講じられないため、腎臓被害などが生じた時には、ウォーターサーバーの導入を検討する必要があると言えるでしょう。

特に子供の脳は鉛による影響を受けやすく、記憶力や学力の低下が生じている際には、水道水の成分を疑った方が良さそうです。

まとめ

手軽に飲める日本の水道水ですが、残留塩素の濃度や水道管の種類によっては、必ずしも安全と言えません。

近年では塩素除去シャワーや手軽に設置できる浄水器なども販売されていますが、悪実に安全な水を飲むと考えれば、ミネラルウォーターやウォーターサーバーの導入が理想的です。

ウォーターサーバーの水には「美味しい」というメリットもありますので、家族みんなが健康であり続けるためにも、早めのシフトを検討してみてください。

その他お役立ち情報を見るお役立ち情報を見る

ランキング結果を見る

ページトップへ

ウォーターサーバー総合人気ランキング

ウォーターサーバー一覧

ウォーターサーバー情報

新着情報・トピックス