ウォーターサーバー比較ガイド ウォーターサーバー情報 13.8%ものママが水道水離れ!育児に水道が適さない理由とは?

13.8%ものママが水道水離れ!育児に水道が適さない理由とは?

一覧ページに戻る

kiji_0730

妊娠出産を通してママの「水」への意識が変わる!

水の活用法や安全性などを考え直すことを目標とした「水を考えるプロジェクト」では、10歳未満の子供を持つママを対象に「水に関する認識調査」を行いました。

この調査の中では、水の生産、処理、流通などに関わる「トレーサビリティ」に関する質問を多く行っており、「ママが持っている水への認識」がわかる結果となっています。

今回は調査結果の中でも注目すべき「ママが持つ水道水への低すぎる信頼感」を中心に、さまざまなお話をしていきたいと思います。

妊娠出産のタイミングで「水道水」の使用を避けるお母さんが多い!

多くの女性は、自身の妊娠や出産を機に、食べ物や水道水が持つ安全性への意識が強くなる傾向があります。

特に産後の授乳に影響する「水」に関しては、これまで飲み続けてきた水道水に不信感を抱き、ペットボトルやウォーターサーバーの購入を検討する人が多い実情があるのです。

この調査によると、「妊娠発覚後にやめるもの」の第1位が水道水という結果になっています。

またその割合は13.8%にもの及ぶため、かなりのお母さんが水道水に不信感を抱き、安全性の高い水を求める傾向があると言えそうです。

妊娠によって活用が増える飲み物の1位はペットボトルの水、第2位はウォーターサーバーの水となりますので、不信感を抱いた13.8%の女性達は「ペットボトルかウォーターサーバーにシフトする」と断言できます。

どうして「水道水」は育児に適さないの?

諸外国と比べて「安全性が高い」とされる日本の水道水ですが、実際は消毒で使われるカルキや副生成物に位置づけられるトリハロメタンによって、「別な意味での危険性の晒されている」と考えられています。

カルキ臭さは煮沸によって緩和されますが、発ガン性物質のトリハロメタンは「中途半端な煮沸では量が増えることもある」ため、注意が必要です。

特に育児や調乳に追われるお母さんは、15分~20分という充分な煮沸が行えない傾向が高いとされていますので、「多忙な人ほど水道水を避けるべき」と言えるのです。

また水道の消毒によって生じる有害物資は、赤ちゃんの内臓に強い刺激を与えることで、アトピー性皮膚炎や喘息の原因に繋がることもありますので、「健康に子供を育てたい」と感じているママの場合は、なるべく水道水を避けるべきと言えるでしょう。

一般的なウォーターサーバーは、「温水と冷水が出てくる仕組み」となっていますので、ゆっくりお湯を沸かしている余裕のないお母さんにもおすすめの存在です。

調乳には天然水を使えば良いですか?

調乳に最も適した水は、不純物をろ過して作られた「純水」です。

純水はウォーターサーバーのメーカーなどでは「RO水」と呼ぶこともあり、精密機械工場などでも使われている特殊な被膜を使ってろ過された水となります。

ろ過されたばかりの水にはミネラル分も含まれていないため、粉ミルクも溶けやすく、母乳に近い仕上がりとなるのです。

しかし近年ではRO水に関しても「ミネラル分を添加した製品」が一般的となっていますので、ウォーターサーバーに入っている天然水を購入してもほとんど変わらないと言えるでしょう。

天然水のミネラル分が強くても、カルキやトリハロメタンを含む水道水よりは安全と断言できますので、調乳用の水に不安を抱えているお母さんはすぐに「天然水やRO水」の購入を検討するようにしてください。

「赤ちゃん用の水」も販売されています!

ウォーターサーバーの普及率が高まっている近年では、赤ちゃんやお子さん向けの水を取り扱うメーカーも増えるようになりました。

赤ちゃん向けの水の多くは「ミネラル分が少ない特徴」があるため、大人が飲むには少し物足りないと感じられるかもしれません。

しかし実際は、ミネラル分の少ない水は年配の皆さんにも適しているというメリットがありますので、妊娠出産を機に家族が飲む水を「純水に近いもの」にシフトしてみても良いでしょう。

妊娠出産を機に「食の安全」に注目するママも急増中!

妊娠出産をしたお母さんが注目するのは、「水」だけではありません。

赤ちゃんを健康に育てたいと願う女性は、食品の産地や製造方法、添加物なども気にするようになります。

また妊娠出産を機に「自身の食生活を改善した」という女性も多く見受けられますので、将来的な生活習慣病などのリスクを減らすという意味でも、「子供を持つ意味」は大きいと言えそうです。

まとめ

妊娠や出産を機に変わってくる「食や水への意識」ですが、便利なウォーターサーバーなどを活用することで、物理的な負担を減らせると言えそうです。

特にウォーターサーバーは、新鮮な水が定期的に宅配されるシステムとなりますので、赤ちゃんを連れて重い水を購入する手間を軽減したい人にも適していると言えるでしょう。

その他お役立ち情報を見るお役立ち情報を見る

ランキング結果を見る

ページトップへ

ウォーターサーバー総合人気ランキング

ウォーターサーバー一覧

ウォーターサーバー情報

新着情報・トピックス